ウィッグ 保管方法

MENU

ウィッグの保管方法

ウィッグを使っていろいろな髪型を楽しむ時代です。
ウィッグというと薄毛に使うイメージなどもあったでしょうが、最近はファッションの一部として使われるようになりました。

 

ウィッグは通販で、安くて質のいいものがたくさん売られています。
気分によって髪型を変えて楽しむ事もできるようになりましたね。
今回はウィッグを購入して家で保管をする場合の保管方法をご紹介していきます。
手入れがとても大事で、手入れが間違っていると、早く劣化してしまったり、使い物にならなくなったりしますので注意してくださいね。

 

まず第一に日光の当たるところでは保管しないようにしてください。
日光は人工毛を傷めてしまいます。
装着している時は、日光に当たってしまうのは当然ですが、保管の時にも日光に当たっていると色褪せが早まってしまいます。
自然になじんでくれていたウィッグが、不自然なウィッグになってしまう可能性もあります。

 

さらに湿気のあるところでの保管も避けてください。
長く装着していると、どうしても湿気がこもってしまいます。
そのままにしておくと、湿気が細菌を繁殖させていきます。
外したら乾燥した場所で干してくださいね。
寝る時もつけている、なんて人は要注意です。湿気がこもってしまうので、寝る時には絶対に外して寝ましょう。

 

安く購入できるようになったからといっても、選びに選んで見つけたウィッグですから、大事にして長く使っていきたいですよね。
長く使うためには保管方法をしっかり守って使いましょう。